悩まないで!女性が女性を好きなってもいいんです!

女性が女性を好きなってもいいんです!

レズカップルが世の中に浸透してきている背景には、多彩な価値観を容認しようとする社会情勢が関係しています。婚姻関係は両性の合意によってのみ実現するなどと法律で定められている一方で、女性同士の結婚を特例的に認める自治体が続々と登場しつつあります。自治体の長が率先して女性同士の婚姻を応援している事例も多く、今後はレズカップルにとって住み心地の良い国になっていくことが考えられます。珍しくない!男性が男性を好きになってもいいんです!

 

従来は女性が同姓を好きになることがタブー視されていたのですが、これは仕方のないことであると言えます。かつて焼け野原の中で貧困にあえぐ国民が多数を占めていた時代があり、何よりも優先して国の宝である子どもを増やそうとする取り組みが行われてきました。結果として両性の婚姻関係のみを認める法律が出来上がり、今日に至るというわけです。他方、現代社会では空を見上げれば綺麗な青空を確認することができます。多数の危険な人工物が降り注いでくるなどということは皆無であり、実に平和な世の中になりました。すると、人々の心には多様な価値観を認めるだけの余裕が生まれました。駆けずり回って食料や衣服を探し求める心配がありませんから、各々が自己実現を図ることも許されています。また、思想の制限もなく周囲の迷惑にならなければ自由に活動することが可能です。こうした特徴を持つ現代社会において、女性同士が愛し合うレズカップルもまた人びとに認められている存在の一つです。

 

同姓を好きになる女性が世間的に受け入れられてきたのには、経済的な面も大きく関係しています。会社組織において女性が活躍する機会を十分に与えられるようになっているので、レズカップルが同棲した場合に家計が苦しくなる状況に陥りにくい傾向があります。いくら相思相愛の女性同士がレズカップルを成立させたとしても、お互いが幸せに生活していけるだけの資金がなければ関係が破綻してしまいます。しかしながら、女性の社会進出が国会の議題に持ち上がることもしばしばある今日では、レズカップルが経済的な心配をすることが少なくなりつつあります。社会で活躍するためには女性にも不断の努力が求められますが、それをクリアしさえすれば好きなように生きていくことができます。まだまだ圧倒的に少ない女性同士の交際関係ですが、将来的には一段と多彩な価値観が認められていくことは想像に難くありませんから、どの地域でも市民権が得られる可能性は高いです。
LGBT4